私共に関して

HôtelNouvelleについて

Logo Hotel Nouvelle ZW

HôtelNouvelleは、本当の家族経営の会社です。それはNeijenhuisの家族によって管理されています。
彼らは5年間の徹底的な改装をした後、2018年にホテルをオープンしました。 HôtelNouvelleは、1895年から改装された記念碑的な建物内に、魅力的な英国インテリアスタイルの客室を持つホテルです。
当ホテルはRijnstraat 74のArnhem 中心部に位置しています。

ホテルには様々なレストラン、カフェ、ショップ、劇場、映画館などの街の娯楽施設の近くにあります。HôtelNouvelleの近くには、美しい森、広大なヒースランド、羊の群れ、穏やかに流れる小川がある、まるで絵画のような田園地帯、The Veluweがございます。

電車とバスの駅は、当ホテルから徒歩5分です。当ホテルは、車のない区域にございますので、残念ながら駐車スペースはご提供しておりません。
近くの駐車場についての詳細は、「駐車場」ページをご覧ください。
もし自転車を駐輪したい場合には、一度お問い合わせくださいませ。
当ホテルの近くか、当ホテルにお客様の自転車を駐輪できる場所がある場合には、しっかりとご対応させて頂きます。

お客様の滞在をご予約し、そして良い夜の眠りを楽しみ、オランダ風の豪華なイングリッシュ・ブレックファーストで新たな1日をスタートさせてください。

歴史

Hotel Nouvelle 3D

当ホテルは、建築家 J.W. Boerboomsが設計を手がけました。
1896年に、彼はMr.W.A. Doormanの建築計画を立てました。そして、第二次世界大戦後の修復のために、エウセビオス教会のファサードを設計しています。
彼はまた、Arnhemの著名な建物であるSt. Elisabeth Gasthuisも設計しました。

Boerboomsは、P.J.H. Cuypersの生徒でした。彼は、ブリュッセルの教会の建設を監督として働いていました。しかし、彼自身の作品では、後期ゴシック建築の強い影響によって、アルフレッド・テペとセントベルナルフ・ギルドの作品との関係が、より親密になることを彼は示しました。

1894年から、彼は故郷Arnhemの聖エウセビウス聖歌隊の教会を修復しました。 (Fruggo著、2004年)

Boerboomsの手がけた6つの教会が知られており、そのうちZieuwentのSint-Werenfridus教会(1899年に完成)は、彼の最高傑作と言われています。他の有名な作品は、Boerboomの早世のため、Jos.Th.J.CuypersとJan Stuytによって完成し、VelpのOnze Lieve Vrouw Visitatie教会、VilsterenのSint-Willibrordusで完成したApeldoornの聖マリア教会があります。
彼の妻の出身地であるSneekのSint Martinus教区に、Boerboomsは墓地礼拝堂を設計しました。
1995年に修復されて以来、このチャペルには、Foxhamにある、閉ざされたSint Martinus 教会からのステンドグラスの窓が、いくつか存在しています。 Boerboomsは、またいくつかの学校とArnhemのElisabeths Gasthuis も設計しました。これは彼の最後の建設物で、ネオルネッサンス建築を用いたものです。

Johannes Wilhelmus Boerbooms(Arnhem、1849年11月7日 – Scheveningen, 1899年8月)